トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

カクテルタイムのプレゼンテーション。

金曜日だから早めに席を確保しなければと、
メイク直しもそこそこにラウンジに出向いたのですが、
ベイビューは空いていたので拍子抜けしました。

窓際の席も選べるぐらいだったのですが、
リニューアル前はカクテルタイムの開始時間前から
窓際のペアシートは争奪戦だったと思うのよ。

なんだか様子が変わったな~と思いつつ
シャンパン(スパークリングだったか)を注文すると、
シティビューにあるフードカウンターをチェック。

一見前と変わりないように見えたのですが、
よく見ると和洋中のオードブルが並んでいたのよ。

以前は和洋中のレストランが日替わりで
オードブルを提供していましたが、日替わり制では
なくなったらしく、いろいろなお味が楽しめる。

日替わりの頃はチャイナブルーの日に当たる
ことが多く、セリーズの日はめったになかったけど、
これからは和洋中が楽しめて嬉しいですね。

     
     人気ブログランキング


 こちらが37階、エグゼクティブラウンジの入口です。

DSC01347 (1024x682)



DSC01338 (1024x682)

 これが美味しかった・・・キノコのココットはセリーズかな。

DSC01341 (1024x682)




ただ、オードブルが日替わりでなくなったというだけで、
メニューが充実したかというと、そうでもない(笑)

ティータイムは充実しているのですが、カクテルタイムが
少し寂しいのがコンラッドのクラブラウンジなのよ。

私たちは小食なのでティータイムだけで満足できますが、
普通に食事をされる方には物足りないと思います。

カクテルタイムはあくまで食前酒や食後酒を楽しむ
という感じなので、食事は別になさった方が宜しいかと。

ひとしきりオードブルを楽しんだ後、シティビューにある
お気に入りの暖炉の席に移動することにしました。

どういう訳か、シティビューの方が賑わっているのよ。

どう考えたって、高層ビルしか見えないシティ側よりも、
ベイビューの方がロマンティックだと思いません?

フードカウンターはシティビューにしかないから、
食べ物の近くにいるのが生き物の習性なのかしら(笑)

ちなみにベイビューにも簡単なカウンターがあり、
ワインぐらいならベイビューでもいただけるようでした。



 ワインはコンラッドのオリジナルに変わりましたね。

DSC01366 (1024x682)

 お気に入りの暖炉の席は大理石のカウンターに変身。

DSC01343 (1024x682)



DSC01351 (1024x682)




客室はエグゼクティブベイビュールームでしたが、
何度かレビューしているので省略させていただくとして。

実は今回、お約束のコンラッドベアをいただく時に、
コンシェルジュ(だったと思う)に電話してみたんですよ。

コンラッドベアをコレクションしているので、自宅にある
ものと色が被らないよう、事前に確認してるのよ。

いつもはチェックインの際にスタッフに伺っていたけど、
ハウスキーパーさんに聞いてみようと思い立って。

コンラッドベアはターンダウンサービスの時に
用意されるので、ルーム係のスタッフに聞くのが早いと。

客室の電話にはハウスキーパーのボタンがなく、
コンラッドサービスだったかな?・・・に電話してみた。

男性スタッフが出たのでダメかな~と思ったら、
スムーズにコンラッドベアの色を教えていただけてね。

首尾よく、自宅になかった水色と黄色をいただいた。

ほとんどの色は揃っているのですが、緑色には
出会ったことがないので、いつか緑色が手に入れば。


 

DSC01404 (1024x823)



 ダーリンは窓辺のソファに寝っ転がるのがお気に入り(笑)

DSC01328 (1024x682)









関連記事

THEME:高級ホテル | GENRE:旅行 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク