トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

予備知識編 海側バルコニールーム(MSCマニフィカ版)

マニフィカの海側バルコニー付の客室を紹介すると、
広さはビジネスホテル並み、内装はまぁまぁでしょうか。

スイートルームでも倍くらいの広さだったと思います。

ダブルベッドはスタッフにお願いすればツインにできる。

入口付近にクローゼットがあり、10着ほど収納可能で、
ハンガーも適当な数が備えてあったような気がする。

ベッドの下にスーツケースを収納できるのですが、
客室自体、スーツケース2個を開くのが限界という感じ。

窓際にソファのセットがあるのですが、うちの夫婦は
ソファが荷物置き場になってしまい、座れませんでした。

ソファの向かいがドレッサーで、小物類を引き出しに
収納できるし、メイクをするには十分な設備でした。

ちなみに、客室の電話でモーニングコールの設定可。

   
     人気ブログランキング

 さすがイタリア船・・・ちょっとした高級ホテルみたいで素敵なお部屋。

DSC01591 (1024x682)


 窓際から見るとこんな感じ・・・ベッドの正面がミラーになっています。

DSC01604 (1024x682) (2)


 窓際にあるドレッサー・・・自然光が入り、小物を引き出しに収納できる。

DSC01595 (1024x682)




入口付近にはバスルームもありますが、狭いです。

当然ながらバスタブはなく、シャワールームのみ。

洗面台には棚があり、小物類は十分に置けますが、
洗濯物を少量干せるのは、シャワールームだけ。

客室には洗濯物干しを掛ける場所が無いですが、
クリーニングを適宜利用すれば良いと思います。

ドライヤーは備えてあるので持ち込み禁止ですが、
アウレアの客室であればバスローブもあります。

バルコニーにはテーブルセットがあって、ルーム
サービスで簡単な朝食をいただくことも可能です。

朝食はパンとジュースにコーヒー、ヨーグルトと
シリアルぐらいでしたが、種類は選択ができます。

朝食のみが無料で、他の軽食は有料になります。

私たちの場合、翌朝早い時間に観光する日のみ
前日に朝食をルームサービスで注文しました。



 洗面台の正面がトイレになっているのが分かりますか?
         シャワールームはトイレの横になります・・・とにかく狭い空間。


DSC01605 (1024x682)


 洗面台のアップ・・・どこかにドライヤーが備えてあったと思います。

DSC01607 (1024x682)




お部屋の清掃ですが、客室を留守にしていると
いつの間にか清掃されていたように思いますが、
私たちは朝が遅いせいか、夕食時の清掃でした。

清掃時に翌日の船内新聞がベッドに置かれますが、
日本人客が多い時のみ日本語版が配られます。

船内新聞には翌日の天気やドレスコード、イベント
のスケジュール等が書いてあるので要チェック。

クルーズが終盤になり、下船日が近付くと大事な
お知らせが書いてあるので目を通してください。

私たちは毎晩、船内新聞をくまなくチェックして
翌日にどう過ごすか、スケジュールを立てました。

客室のキーはクルーズカードで、チェックイン後に
客室に入るとベッドの上に用意されていました。

クルーズカードは客室のキーとクレジットカードの
機能を兼ねているので、常に持ち歩く必要あり。

船内では現金は使用できず、カード決済のみで、
チェックイン後にクレジットカードを登録します。



 バルコニーにはラタンの素敵なチェアセットがあります。

DSC01598 (2) (1024x714)


 可愛がっている猫のぬいぐるみと写真を撮ってみました。

DSC01619 (1024x682) (2)


バルコニーから下を覗くと、救命ボートがずらり。

DSC01603 (682x1024)




私たちは、たまたまバルコニー付きのプランしか
選択肢がなかったのですが、結果的に正解でした。

客室から夕日を眺めたり、バルコニーで朝食を
頂くのは格別で、バルコニー付きをお勧めしたい。

ダーリンはバルコニーで毎朝仕事をしていたし、
航行中、紺碧の海を見ているだけで癒されますよ。

ただ、毎日観光の予定をフルに組んでいたり、
夜は船内で遊び倒したいというアクティブな方は、
客室では寝るだけなら内側の部屋でも良いかも。

内側は窓のない部屋もあるので、閉所恐怖症の
方にはお勧めできないですが・・・私もそうです。

クルーズ船によっては、内側のお部屋が船内の
プロムナードに面している船もあるようですね。

ちなみに、客室内ではWIFIの利用が可能で、
タブレット等あればインターネットも楽しめますが、
割高なのと、通信速度はかなり遅いらしいです。

私はパソコンを持参しましたが、ネットが遅いと
聞いて、クルーズ中は仕事をしませんでした。



 猫ちゃんをベッドにお座りさせてみた・・・可愛いでしょう?(笑)

DSC01632 (1024x682)


 客室エリアの廊下は延々と続くので、お部屋の位置を覚えておく。

DSC01639 (1024x682)



         (・・・つづく)







関連記事

THEME:海外旅行 | GENRE:旅行 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク