トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

地中海クルーズ旅行記 ~ベネチアのフリータイム

ベネチアで1泊するプランだったのですが、
ホテルの場所がメストレで本島ではなかったのよ。

メストレから本島へはバスで15分ほどで
行けるので、ベネチア旅行を安く済ませたい旅人は
メストレに宿泊するのがお約束なんですよね。

本島は宿泊料が高いので、またベネチアを
個人で旅する機会があればメストレもありかなと。

そんな訳で、メストレに泊まるのは楽しみでした。

午後はフリータイムだったし、試しにバスに
乗って本島へ出かけてみようと考えていたのよね。

まず、ホテルの近くにあるスーパーでお買い物。

バスのチケットをホテルのフロントで購入すると
往復で安く買えますが、路線を間違えてね。

海を渡るはずが田園地帯へ向かうバスに
乗ってしまい、危うく迷子になるところだったわ。

たまたま、れいこが本島までのルートを
頭に入れていたので、遠くまで行かずに済んだ。

     
     人気ブログランキングへ

 メストレ地区にあるお手頃なツーリストホテル、アンバシアトーリ。

DSC01264 (1024x683)


 ACTV社の路線バスに乗ってベネチア本島へ向かう。

DSC01284 (1024x610)


 路線を間違えて途中下車したバス停付近ののどかな風景。

DSC01287 (1024x683)




ベネチア本島のバスターミナルであるローマ
広場に着くと、徒歩でサンマルコ広場に向かいました。

実は、ツアー最終日にベネチアへ戻った時の
ランチタイムにお気に入りのレストランを予約していた。

説明すると長くなるのですが、ツアーの最終日は
サンマルコ広場でフリータイムになるので、
カンナレージョ地区にあるレストランは遠いんですよ。

でも、美味しかったシーフードパスタをどうしても
食べたくて、サンマルコ広場から何としても
お気に入りのレストランへ行こうと決めていました。

最短ルートを考えたのですが、レストランの場所的に
水上バスだと、かえって遠回りになると判明し。

幸い、数年前に滞在した時にさんざん徒歩で
観光したので、レストランまでの道は覚えていたの。

そんな訳で、レストランまでの道を復習がてら、
ローマ広場からサンマルコ広場まで歩いてみようと。

うちの夫婦の健脚であれば、サンマルコから
レストランまで40分程で歩けるはずだと計算して。
 


 カンナレージョの街を経由してサンマルコ広場まで歩きます。

DSC01304 (1024x683)


 リアルト橋にあるお気に入りのテラスカフェでスプリッツァを飲む。

DSC01387 (1024x683)


 夕暮れ時のリアルト橋からの眺めには溜息が出ます。

DSC01397 (1024x683)




ベネチアを個人で旅したのは2014年だったから
まだ記憶が鮮明で、迷わずサンマルコに到着。

途中のリアルト橋では、お気に入りの運河沿いの
カフェでスプリッツァを飲みながら一休みした。

サンマルコ広場では老舗のオープンカフェで
音楽を楽しむのが目的だったのですが、迷った末、
前回の旅行の時と同じクアドリに落ち着くことに。

プロセッコを飲みながら1時間ほど演奏を楽しみ、
夜の9時前にはメストレへの帰途についたわ。

帰りのバスの中で親切な現地人の男性と出会い、
ホテルの名前を告げたら停車地を教えると。

「心配しなくていいよ~、英語は苦手だけどさ」 と
笑っていたけど、英語の発音は正確なのよね。

お蔭で無事にホテルへ戻りましたが、長時間の
フライト後に休みもせずベネチアを観光して
初日から充実した旅行になったと盛り上がった。

ベネチアは数年前に訪れたばかりで土地勘が
あったせいで、計画通りに観光を楽しめましたよ。



 サンマルコ広場の老舗カフェ、クアドリのテラス席で屋外演奏を楽しむ。

DSC01404 (1024x683)


 プロセッコを注文したと思ったけど、ロゼだったかしら・・・?

DSC01426 (1024x683)



       (・・・つづく)



関連記事

THEME:海外旅行 | GENRE:旅行 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク