トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町。

ホテルステイを愛する皆様、長らくお待たせしました。

先月下旬にオープンしたばかりのプリンスギャラリー
東京紀尾井町のクラブフロアに宿泊して参りました。

既に説明した通り、今年は仕事優先でスケジュールを
組んでいる関係で、ホテルステイは制限しています。

例年8月には、シャングリ・ラのホライゾンクラブで
過ごすのが定番だったのですが、今年は悩んだ末、
新オープンのプリンスギャラリーを訪れることにした。

たまたま、1万円割引クーポンを持っていたのよね。

外資系の5 ツ星クラスと同じ価格設定のホテルゆえ、
ゴージャスなお値段で手が出ないと思っていたけど、
クーポンのおかげで初体験することが出来ました。

興奮冷めやらぬうちにレビューをお届けしようかと。

     
     人気ブログランキングへ

赤坂見附の交差点に聳えたつ、東京ガーデンテラスの建物。
最上階部分がプリンスギャラリー東京紀尾井町。


DSC08001 (768x1024)




都心部では第3次ホテル戦争が勃発しておりまして、
星のや東京も満を持して大手町にグランドオープンし、
ますます熾烈な競争が日々繰り広げられています。

そんな中、国内資本の老舗プリンスが重い腰を上げ、
赤坂プリンス跡地に建てたのがギャラリー紀尾井町。

外資に負けるまじと、老舗の底力を発揮したという。

実はれいこ、プリンスは古いのが苦手だったのです。

最後に宿泊したのは芝公園のパークタワーですが、
それも数年前の話で、プリンスは縁の遠いホテルで。

パークタワーも再訪しようと思いつつもチャンスが
無かったのですが、そうこうするうちにギャラリーが
オープンすることになって、数年振りのプリンスです。

国内資本でクラブフロアを持つホテルのオープンは
確か、丸の内のパレスホテル以来ではないかしら。



 駐車場入口から少し移動すると、ホテルのエントランスへ。

DSC08004 (2) (1024x712)


 

DSC08005 (1024x768)




前置きが長くなりましたが、赤坂見附の交差点角に
威風堂々たる高層ビルを西武グループは建設した。

車内から初めて外観を見た時は壮観でね、西武も
往年の威光は衰えていないと思うと、日本人としては
誇らしいと申しますか、嬉しくなったのは事実です。

以前の赤坂プリンスは一棟型のホテルでしたけど、
プリンスギャラリーは建物最上階部分のみに位置し、
ビル全体は流行りの複合施設でオフィスも同居する。

地下の駐車場は立体式で要所要所に係員が立ち、
案内してくれますので迷うことはないと思いますが、
ホテルの車寄せで一旦、荷物を下ろすのがお勧め。

機械式の駐車場ゆえ、入庫したところで荷物を全て
下ろす必要がありますので、無駄に時間が掛かる。

予備知識がなかったので今回は手間取りましたが
調べてみたら、バレーパーキングだったようですね。

駐車料金に含まれているようなので、次回からは
お任せにしようと思ったのですが、ホテルの側から
駐車に関する説明がなかったのが残念だったかと。



 エレベーターで最上階の36階に上り、レセプションへ。 

DSC08167 (1024x768)


 こちらがロビー、正面奥に見えるのがフロントカウンター。

DSC08143 (1024x768)




駐車場から地上へ上がると商業施設になっており、
ホテル入口に到着するまでのアプローチが長いので、
車寄せでお任せにしてしまうのが無難だと思った。

グランドフロアのレセプションに辿り着くとスタッフが
声を掛けてくれたので、ようやく荷物を任せられた。

それからまた長い道のりで、最初に最上階にある
フロントカウンターに案内され、少しだけ待ちました。

天井の高い素敵なロビーフロアに見惚れていたら、
チェックインはクラブラウンジでということになった。

フロア構成が珍しく、最上階がフロント&ロビーで、
クラブフロアはその下のフロアに位置しているのよ。

普通ならクラブフロアから下に降りるところですが、
プリンスギャラリーではフロントが最上階にあるの。

館内に入った途端に新築の匂いがすると思ったら
アロマを焚いているそうで、ヒノキの香りがしました。

何度か自動ドアを通り抜け、ようやくクラブフロアに
辿り着いたのですが、少しアプローチが長いかな。



 ヒノキの香りが漂うエレペーターホール。

DSC08101 (1024x768)


 こちらが34階、クラブラウンジのエントランス。

DSC08108 (1024x768)



         (・・・つづく)



関連記事

THEME:高級ホテル | GENRE:旅行 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク