ミセスれいこの、お気に召すまま。

       相変わらず仕事が忙しいです ~ スマホ版のテンプレを設定 ~

Entries

お気に入りのプールのテラス。

ペニンシュラといえぱ皆さん、プールですよ。

うちの夫婦はホテルのプールにハマっていて、
5ツ星のホテルでは必ずプールで泳ぎます。

もともと健康志向で定期的にプールに通って
いるので、ホテルのプールでもしっかり泳ぐ。

ほとんどのホテルがキャップを被る必要が
ありますが、大抵無料でレンタルできますね。

水着は有料のホテルが多いので、お好みの
水着をお持ちになり、客室で着替えましょう。

どのホテルも客室からバスローブを羽織って
エレベーターに乗り、プールに行けますし。

お部屋とプールの往復のみバスローブで可。

    
   人気ブログランキングへ

 ザ・ペニンシュラスパのウェイティングスペースにて。

DSC03100 (2) (1024x825)




ペニンシュラのプールは平日の昼間であれば
大抵、貸し切りにできるのが気に入っています。

水深は140cmと深いので外国人向きですが、
深いプールは浮力が強く、意外に泳ぎやすい。

この深さだとウォーキングには無理があるので、
泳ぎ切るしかないというのが実情なのですが。

しばらく泳いだら併設のジャグジーに入るの
ですが、これが温かくて気持ちが良いんですよ。

一度入ると出たくなくなるけど、意を決して
プールサイドに上がり、お気に入りのテラスへ。

こちらのプールにはテラスがあり、カップルで
テラスでチェアに寝そべり日光浴を楽しめる。



 昼間は貸し切り状態で泳げる優雅なプール。

DSC03098 (2) (1024x768)


 併設されているジャグジーは窓側で爽快です。

DSC03082 (2) (1024x768)



DSC03077 (2) (1024x768)




ところが、その日はなぜかテラスにチェアの
用意がなく、スタッフにチェアをセットして頂く。

テラスは建物の正面に位置するので見晴らしも
良くて、両脇のオフィスビルから見えるのが、
平日族のうちの夫婦の優越感をくすぐりますね。

普通なら働いている筈の時間に水着でテラスに
寝そべることが出来るのは、特権ですからね。

これを楽しみにペニンシュラに来ているのよ。

気温が低い季節は楽しめませんので、テラスを
利用したい方は春から初秋までがお勧めです。

今回は夜には再訪出来なかったので、翌朝の
ランチの前に、もう一度プールへ行きましたよ。



 テラスで寛ぐダーリン・・・カップルだけで独占できます。

DSC03095 (2) (1024x768)



テラスから眺める皇居のお堀と日比谷公園、手前は駐車場入口。 

DSC03088 (2) (1024x768)



      (・・・つづく)



関連記事

左サイドMenu

トリップアドバイザー掲載ブログ


世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル

      

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー表示

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

右サイドメニュー

著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク