トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

あの日から5年が過ぎて。

昨日は3月11日・・・東日本大震災の日でした。

5年が過ぎた今となっては、被災地以外に住む
皆さんには過去のことになっているのでしょうか。

私にとって3月11日は、今でも特別な日です。

それまでの人生観が、音を立てて崩れ去った日。

一見、何不自由なく暮らしているように見える
私ですが、あの日から幸せは奪われたと思います。

生きている間は恐らく取り戻すことは出来ない。

関東に住む私は、誰かを失った訳ではないですが、
原発事故によって国土が汚染されて、今もなお
故郷に戻れない17万人にも上る被災者がいます。

     
    人気ブログランキングへ

原発事故以来、私の生活はがらりと変わりました。

・ ガイガーカウンターで毎日線量を計る。

・ 水道水を飲まず、調理にも使わない。

   関東の水源は汚染されているので、
   ウォーターサーバーを導入しています。

・ スーパーの国産生鮮食品は買わない。

   産地偽装が常態化しているので、
   輸入品のみを購入しています。

・ 洗濯物や布団は屋内に干す。

   屋外は放射性物質が飛び交っている。

・ アンペアダウンを実行して節電に励む。


以上の対策は恐らく死ぬまで続けるでしょうし、
防災グッズは今も、玄関先に常備しています。

震災時に車の給油で困難な目に遭ったので、
燃料計の目盛りが半分になったら給油します。

日頃からウォーキングと水泳で鍛えているので、
運動靴さえ履けば10kmは余裕で歩けます。

避難用のスニーカーを常に玄関に備えてある。

未だに責任を取らない東電への制裁として、
他社の電力に切り替えることを検討している。


昨夜のテレビ番組では、被災地の復興をやたら
前向きに宣伝していましたが、福島の原発は
収束どころか悪化の一途を辿り、打つ手がない。

貯まり続ける汚染水は、海に流すしか道はない。

首都圏ではここ数年、ガンや心筋梗塞による
突然死が急増し、火葬場が足りない事態に直面。

事態が悪化しているなら何故報道しないのかと
思われた読者の方、もはや報道できる段階を
超えたと思って下さい・・・隠蔽されているだけ。

海外では、日本の放射能汚染が進んでいると
正確に報道されており、東京オリンピックへの
参加をやめた国が複数あること、御存知ですか。


5年が過ぎても事態は何も変わっていないし、
故郷に帰れない人々が数多く存在するのも事実。

私にとって3.11の悲劇は死ぬまで終わらず、
何年経ったところで忘れることはありません。

3.11は私たち日本人が幸せを奪われた日。

これからも私たちは、十字架を背負い続ける。




関連記事

THEME:政治・経済・社会問題なんでも | GENRE:政治・経済 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク