あるアラサー女子の婚活。

我が社のスタッフでね、れいこがイチオシのRさん。

年末に30歳になる女子ですが、仕事はデキるは
ルックス良いはで言うことナシなのに、男っ気もナシ。

前職がアパレルショップ店長というシッカリ者で、
いつもオシャレで女子力も高いのに縁が遠いのです。

2年ほど前まで彼氏がいたのですが、煮え切らない
彼に業を煮やし、きっぱり別れることにしたんですよ。

それ以来ぱったりと男性に縁がなくなったのですが、
本人はそれほど焦りがなく、ノンビリしていましたが。

30歳になるということで、雇用主であるダーリンと
れいこの方が心配になり、世話を焼くことになって。

地方出身なので独り暮らしですし、いつまでも独り
という訳にもいかないと思い、お見合いさせることに。

ダーリンの社長仲間から、少し歳が離れているけど
優良な男性を紹介されて、先月末に会う段取りでした。





相手の男性、2日前になってキャンセルしてきたのよ。

仕事が入ったからリスケしてくれと言ってきたそうで、
それから3週間が過ぎたけど、まったく音沙汰なし。

Rさんの方は乗り気でね、お見合いに備えてお肌を
整えたり、女子力を磨いて楽しみにしていたんですよ。

キャンセルと聞きガッカリしたらしく、彼女の女心を
思うと気の毒で、ダーリンに相手の男性を非難した。

微妙な年齢の女子と会う約束しておいて、2日前に
なって日程の提案なくキャンセルなんて信じられない。

ダーリンなんか結婚前は、毎週末にきっちりデートの
計画を立てて費用は彼が負担、車の送り迎えつきよ。

それが当たり前だと思っているので、うちの会社の
主力である彼女に、そんな目に遭わせた男が許せない。


「け~たん、その人さ、サービス業だっていったっけ。
 飲食店関係とか、ブラック企業の社員じゃないの?
 最初から嫌な予感がしてたんだよね・・・堅実な
 Rさんに、サービス業は合わないんじゃないかって。

 男が日程の提案なしに約束をキャンセルする時は 
 気のない証拠だからねぇ・・・今回の話はナシかな」

「そうだよなぁ。 俺だったら、すぐにリスケするもん。
 追って新たな日程を提案してくるのが礼儀だよな」

「何でそんな人と会せようとしたの・・・見る目ない」

「俺も知らないんだよね・・・紹介を受けただけでさ。
 お見合いの日に会って見定めるつもりだったんだ」

「こっちから連絡しちゃダメ、相手からさせなくちゃ。
 その気があれば連絡してくるはずだし、なければ
 縁はナイよ・・・そんな失礼な話、願い下げだわ」


男性の方が若い女性に約束をキャンセルされたの
なら仕方がないかと思いますが、逆の話は許せない。

アラフォー男の分際で、アラサー女子との約束を
キャンセルするなんて何様だとれいこは怒っている。

何れにせよ、れいこの嫌な予感は的中したワケで。

「サービス業ってようは休みもロクにないんでしょ。
 仮に結婚まで漕ぎ着けたとしても、家にいない
 ダンナじゃ幸せになれるかどうか怪しいもんだね。

 だいたい、その人さ、確実に独身なんだろうね?
 男って仲間同士で口裏合わせて既婚を隠すこと
 あるらしいから油断ならない・・・遊びはダメよ。

 Rさんには堅実な人がいいよ・・・サービス業とか
 じゃなくて、地味でもホワイトカラーの方がいい。
 れいこの知り合いの営業マンで年上狙いの子が
 いるけど、Rさんは年下嫌いだし・・・難しいね」




theme : 恋活・婚活
genre : 恋愛

tag : アラサー 婚活 お見合い

トリップアドバイザー掲載ブログ


世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル

      

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー表示

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
個人投資家としても活動中。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
3年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

れいこのイチオシ!ショップ





スポンサードリンク

スポンサードリンク