ミセスれいこの、お気に召すまま。

       相変わらず仕事が忙しいです ~ スマホ版のテンプレを設定 ~

Entries

おしゃれを楽しめるプール。

最近、五つ星ホテルのプールで泳ぐのがマイブームで、
夕食前にかならずプールでひと泳ぎするんですよ。

アマン東京のプールは一見、地味な印象がありますが、
おしゃれを楽しめるという点ではオススメだと思う。

まず、水着のレンタルがないのでお好みの水着を
持参する必要がありますが、キャップを被る必要なし。

さらに、アクセサリーを身に着けたままで良いので
ピアスを楽しめるし、ヘアスタイルも工夫出来るのです。

リゾートで名高いホテルのせいかビキニ率も高く、
フィットネス水着の女性は皆無で華やかなプールサイド。

赤ちゃん連れミセスも惜しげなくビキニを着ていたし、
やっぱり女性はビキニに限るなと思いましたね。


 お部屋でバスローブに着替えてプールへ。
 ふっかふかで上等なバスローブ。


DSC08233 (2) (695x1024)



 スパの受付カウンターはこちら・・・贅沢にスペースをとってある。

DSC08240 (1024x768)




アラサーぐらいのある女性客は、昼間と夜にも
プールへ来ていたけど、違うビキニを着ていました。

昼間はブルー系の花柄だったと思うのですが、
夜は赤地にドットのビキニで現れ、驚いてしまった。

うちの夫婦は女はビキニを着てナンボという感覚で、
ビキニが着られなくなったら終わりだと思うの。

日本の女性はやたら体型にこだわってビキニを
着ることを躊躇うけど、気にすることはないのです。

むしろ、ぽっちゃりな女性がビキニを着ているのは
健康的だし、年齢を重ねた女性も素敵だと思う。

れいこもアマンのプールで影響されてしまい、
次回はビキニを復活させようと目論んでいるのよ。

さっそく水着ショップを物色しているのですが、
アマンのスパコーナーで素敵な商品を見かけたわ。



 プールサイドのすっきりした縦長のプールです。

DSC08250 (1024x768)


 気持ち良さそうに泳ぐダーリンの図。

DSC08263 (1024x768)




さて、プールですが、かなり盛況で少し戸惑ったわ。

フロアのスペースが小さい訳ではないのですが、
デッキチェアではなく、マットを採用しているのです。

完全に寝そべることの出来るマットで快適なのですが、
幅を取るのでプールサイドに置ける数が限られる。

マットの数しかお客を泳がせないようしているようで、
マットが埋まっていると待機する必要があります。

平日であれば混み合うことはないでしょうけど、
週末は恐らく、マットの争奪戦になると思うんですよ。

プール自体、横に3人も並んで泳ぐといっぱいで、
アマンのプールは週末は利用しにくいかもしれません。

そういう意味でも次は平日に宿泊しようと思ったけど、
おしゃれを楽しめるプールは希少価値があるかと。



 プールサイドにマットが敷かれているのが分かりますか・・・?
   一番奥の窓際のマットはプライベート感があってカップルにお勧め。


DSC08259 (1024x768)



 こんな感じになっています・・・寝そべるとゴキゲンよ。

DSC08261 (1024x768) (2)



      (・・・つづく)




関連記事

左サイドMenu

トリップアドバイザー掲載ブログ


世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル

      

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー表示

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

右サイドメニュー

著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク