トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

プレミアルームのビューバスは。

夏休みの期間中の日曜日だったので、プラチナ特典の
アップグレードは難しいかと思いきや、プレミアルームへ。

エレベーターホールや廊下に至るまで和を感じられる
のが素晴らしく、玄武岩と和紙でデザインされています。

玄武岩はマイナスイオンを発生するという話で廊下を
歩いているだけで心身が健やかになるという贅沢さです。

シックな客室ドアを開けると、日本建築でいうところの
土間のような空間があり、靴を脱ぐ趣向になっている。

室内に足を踏み入れると、天井が高く広々した空間と
和の風情に圧倒されてしまい、しばし無言になりました。

板敷の床は心地良いので、れいこはスリッパを履かず、
素足で室内を歩いていました・・・床が清潔ですからね。

 ほの暗いエントランスは "わびさび" の効いた空間です。

DSC08102 (1024x768)


 ベッドから洗面所に目を向けると・・・障子で仕切られています。

DSC08110 (1024x768)



入口にクローゼットとカウンターの様なライティング
デスクがあり、ベッドとリビングには段差を設けてある。

部屋の右側に障子を隔てて洗面所があり、段差を経て
ビューバスと、その向かいにシャワールームがあります。

洗面所からバスルームのエリアも玄武岩でデザイン
されているので、スリッパを履かずに素足が心地良い。

バスタブは一枚ガラスの窓際にあるので解放感があり、
四角い岩造りで旅館のような風情を楽しめるのがミソ。

ただ、実際にお風呂に入ってみると、玄武岩が硬い
感じがして、檜の方が肌当たりが柔らかいかと思った。

外国からのゲストには和風のお風呂が喜ばれるかも
しれないけれど、洋風のバスタブの方がれいこは好み。

ちなみにデラックスルームはバスルームのスペースが
小さいとスタッフが説明していたような気がします。


 洗面所はシックな玄武岩と檜造りのダブルベイシンです。

DSC08136 (1024x768)


 バスルームに続く段差を降りていくと・・・。

DSC08141 (768x1024)


 こちらも玄武岩造りの和風なお風呂は、明るいビューバス。

DSC08143 (1024x768)



ベッドとリビングエリアの境にあるキャビネットは
テレビが埋め込まれており、電動式になっていました。

冷蔵庫のドリンクはソフトドリンクは殆どがフリーで、
容器に詰められた和菓子も自由に頂けるのが嬉しい。

昔懐かしいビー玉入りラムネが珍しかったのですが、
振り返ってみると炭酸飲料が多かったような気がする。

ドリンクや和菓子はターンダウンサービスできちんと
補充されます・・・アンダーズは補充ナシでしたが。

ウェルカムドリンクでハーフボトルのワインも頂いて、
お陰様で滞在中、飲み物には不自由しませんでした。

個人的には、お部屋の壁が本物の漆喰であることに
注目していた・・・アンダーズは"漆喰風" だったから。

全館において玄武岩と檜、和紙をふんだんに使って
ありましたが、そのあたりはやはり価格差でしょうか。


 窓際からベッドエリアを撮影・・・キャビネットの上におかきの容器。

DSC08135 (1024x768)


 
 段差を降りると広々としたリビングエリアになっています。

DSC08154 (1024x768)



実はこの時、膝に怪我をしていて着る物に悩んだけど、
無地のワンピースを選んで、ストッキングを穿くことに。

和風のデザインのホテルだということは聞いていたので、
雰囲気を壊さないようなデザインの服を選択しました。

優しいピーチカラーのワンピースで、真っ白なバッグを
合わせるか迷ったけど、アイボリーのグッチにしたわ。

今回は珍しく、着替えのワンピースとサンダルも持参。

朝食の時に雰囲気を変えたかったのですが、アマンに
滞在する時は毎回、着替えを用意したいと思いましたね。

女性客はワンピースの方が多く、クオリティの高そうな
素敵なデザインのワンピースを着たゲストが目立った。

男性は夏場のせいか、意外にカジュアルな服装が多い。

スーツ系の方は見かけませんでしたが、ダイニングで
ディナーを頂くのなら、ジャケットは必須だと思います。



 
DSC08149 (2) (660x1024)


     (・・・つづく)




関連記事

THEME:高級ホテル | GENRE:旅行 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク