トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

海を眺められる露天風呂。

ミクラスでお勧めなのは、何といっても露天風呂。

確か男性は13階で、女性は8階だと思ったけど、
最初は男尊女卑だと思ったのよ・・・女性は低層階で。

温泉宿では一般的な男女の入替えもないのですが、
実際に温泉に入ってみて、その理由が分かった。

8階がギリギリなんですよ・・・沿道から見えなくて。

ホテルの前が道路と駐車場なので、高層階だと
外を歩いている人たちに見られてしまうんですよね。

ダーリンが男性風呂の写真を撮っていたのですが、
男性の露店風呂はガラス張りでオシャレだけど、
女性の方は目隠しの鉢植えがちょっと残念でした。

高層階だと眺めも違いますし、こういう時男性は
いいなと思いますね・・・人目を気にせずに済んで。


 写真はすべて男湯ですが・・・これは内風呂かな?

DSC06999 (1024x768)



 こちらが露天風呂・・・プールのように広いのがミソ。

DSC07008 (1024x768)




ただ、露店風呂の脇に休憩スペースを設けてあり、
男性はガラスの仕切りがあるので解放感に欠けます。

女性の方はガラス張りの露天風呂ではないだけに、
温泉と休憩スペースの仕切りがないのが気に入った。

女性側にはデッキチェアが置いてあるので優雅です。

これがご機嫌で、露天風呂に浸かった後で裸のまま
デッキチェアに横になり、海を見ながら寛げるのよ。

お風呂に浸かってはデッキチェアで休みを繰り返すと
極楽でね・・・時間を忘れて長居をしてしまいますよ。

それで思ったのですが、温泉を目当てにミクラスに
出かけるなら、夏場が一番のお勧めだということです。

裸のままデッキチェアに横たわるので、肌寒い季節は
お風呂に浸かるだけで、休憩スペースを使えないし。

なので、次回も夏場に出かけたいなと思っています。



 男性側の露天風呂の休憩スペースは普通の椅子ですね。

DSC07001 (1024x768)



 ガラス張りなので、お湯と水平線が同化してしまいます。

DSC07002 (1024x768)




たまたま夏だったからかもしれないけど、お風呂が
ぬるめなのも快適で、いつまでも入っていられるのよ。

内湯もありますが、露店風呂から海を眺められるので、
女性客はみな臆せずに、露天風呂を楽しんでいた。

立つと沿道の人が見えてしまうけど、お構いなし(笑)

ちなみに、お風呂の上の階にも休憩室があってね、
窓に向かってチェアが並べてあり、雑誌が置いてある。

無料でドリンクをいただける機械も備えられていて
至れり尽くせりで、温泉タイムが楽しいったらないのよ。

あまりに温泉が気に入ったので、お部屋の掃除が
手抜きだったことは、どうでも良くなってしまいました。

振り返ってみても、あの温泉は快適だったと思うの。

露店風呂が大きいので、解放感がたまらないのよね。



 熱海の港と、山の上にお城が見えるのが分かりますか?

DSC07007 (1024x768)



         (・・・つづく)




関連記事

THEME:温泉旅行・温泉宿 | GENRE:旅行 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク