トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

ヘイフンテラスのランチコース。

ヘイフンテラスのランチタイムは大層賑わっており、
見たところマダムだけではなく、男性の姿もちらほら。

案内されたのは奥にある静かな窓際席で、ホテルの
エントランスがある場所の、真上にあたるコーナー。

店内をざっと見たところ、入口付近はお喋りするのに
最適なテーブル数の多い、賑やかなコーナーです。

少し進むと窓側に素敵な個室があり、さらに奥には
接待での利用に相応しい静かなスペースが現れる。

うちの夫婦が案内された席がその場所で、4人掛け
テーブルの席が3席しかない優雅なコーナーです。

隣のテーブルには接待中の日本人ビジネスマンが
いらして、いかにもエリートという風情の紳士たちよ。

かつてれいこが勤務していた大企業でよく見かけた
種類の男性たちで、もしかしたら、そこの社員かも。


 シックで落ち着いた店内・・・華美でないのが素敵。

DSC06007_SP0000.jpg


 明るい窓際の席・・・天井から下がる鳥かごがユニーク。

DSC06020_SP0000.jpg


 美味しくて止まらない・・・胡桃の飴掛け。

DSC06018.jpg




ランチコースが始まる前に箸休めとして提供された
胡桃の飴掛けが美味しすぎ、ついつい手が伸びます。

甘いのでお菓子に近い感覚で初めて頂きましたが、
高級中華のお店では、こんな箸休めが出るんですね。

フレンチやイタリアンはあちこちホテルで頂いたけど、
中華料理を5ツ星で頂くのは初めてかもしれません。

それだけに、楽しみだったのよ・・・ヘイフンテラスで
ランチを頂くのが・・・ペニンシュラといえば中華ですし。

前菜は盛り合わせで、点心とお肉のプレートでした。

チャーシューのように見えるお肉が2種類提供され、
ひとつは焼き豚で、もうひとつは鴨を焼いたものです。

スープは天然ひじきとコニッシュジャックという魚の
ヒレを使ったもので、薄味だけど味わい深いスープ。

ペニンシュラは種の保存のため、フカヒレの使用を
やめたそうですが、フカヒレによく似た食感でしたよ。



 点心と焼き物を盛り合わせた前菜のプレートです。

DSC06026_20150505232701f5c.jpg


 天然ひじきとコニッシュジャックのヒレスープ。

DSC06027.jpg


 ハタフィレの炒めものはトリュフのソースで。

DSC06029.jpg




お魚はハタのフィレ炒め、トリュフのソースでしたが、
まるでフレンチみたいに上品な味わいで驚きました。

中華料理も高級店になると、フレンチと同じ食材を
使ったり、フランス料理に近いメニューになるそうな。

ご飯は和牛挽肉を使ったチャーハンで、デザートに
杏仁豆腐と中国菓子というのがコースメニューです。

どの料理もスモールポーションで量は少なめゆえ、
女性には良くても男性は物足りないかもしれません。

もう一品あれば嬉しいかなと思ったけど、お料理は
間違いなく美味しかったので総合的な評価は高い。

ピーター同様、上品な味付けでお腹にもたれない。

たった3席のテーブルに担当のスタッフが3名いて、
きめ細やかなサービスを受けられたのも満足です。

お店の内装がシックな感じなのも気に入りましたし、
お客さんの接待で利用してみたいと思いましたね。



 和牛の挽肉チャーハンはもっと頂きたかったです。

DSC06031.jpg



 フルーツ入り杏仁豆腐もふるふるで美味しかった。 

DSC06034_20150505234216694.jpg




関連記事

THEME:高級ホテル | GENRE:旅行 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク