トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

リッツ・カールトンのオープンラウンジ。

レジデンスから徒歩10分でミッドタウンなのですが、
ミッドタウンに歩いて行けるというのが素晴らしいわ。

普段は車でしか移動しないので、都心を歩くのが
新鮮だし、リッツ・カールトンに徒歩で行けるなんて。

ミッドタウンに出かけた目的ですが、リッツがお花見
イベントをやっている情報をキャッチしたんですよ。

シャンパンで名高いマルティーニとコラボした企画で、
期間限定でオープンラウンジを営業しているのよ。

カレーが手頃な価格で頂けるのと、オリジナルの
桜スイーツがお目見えするというので楽しみでした。

お花見しながらオープンラウンジで過ごせるなんて
めったにないので、そのために別宅を拠点にした。

たまには都心でお花見するのもいいなと思ってね。


 ミッドタウンガーデンの桜並木も素晴らしいです。

DSC05750.jpg


桜並木の向こうに、マルティーニ・ブロッサム・ラウンジの売店。

DSC05765_SP0001.jpg


 歩道沿いにテーブル席やソファ席、スタンディングコーナーも。

DSC05776_SP0000.jpg



普段公園になっている場所だと思うけど、桜並木の
歩道の脇に、オープンラウンジを営業しているのです。

スタンディングコーナーと普通のテーブル席があって、
平日なのに満席でね、大した盛況だと思いましたよ。

これは困ったと思ったら・・・なんとラッキーなことに、
ソファの席がひとつだけ空いているのを発見しました。

それが桜並木沿いの特等席で、ソファ席は3つだけ。

つくづく運の強い夫婦だなと思いながら着席すると、
さっそくダーリンにカレーを買ってきてもらうことにした。

オーダー制ではなく売店に買いにいくシステムです。

すべてセルフで賄うのですが、黒いスーツをビシッと
着たリッツ・カールトンのスタッフもちゃんといますよ。



 こちらが3席しかないソファ席・・・カップルにおすすめ。

DSC05757_SP0000.jpg


 目の前は遊歩道・・・行き交う人々を眺めるのも楽しい。

DSC05761_SP0000.jpg


見上げると・・・リッツ・カールトンの入る高層ビル。

DSC05764.jpg



どうりで安いわけだと思ったのですが、買ってきた
カレーを見て、”これで1300円?” と最初は思った。

あまりに簡素で拍子抜けしたけど、食べてみたら
美味しくて気に入った・・・大きなビーフが入っていて。

リッツのクラブラウンジでいただいたカレーと同じ
味がして、間違いなくリッツのカレーだと思いました。

クラブラウンジでいただいた時も思ったのですが、
リッツにカレーを提供するレストランは無いわよね?

どこで作っているのかと気になっているのよね~。

ソファ席は歩道の間近なので、食べている姿を
歩行者に見られるのが、少し恥ずかしかったけど。

マルティーニのロゼも美味しかった・・・ホテルなら
高価ですが、格安で提供されていたのがゴキゲン。



 プラスチックのグラスでいただきます。

DSC05769.jpg


 見た目は簡素だけど、大きなビーフが美味しい。

DSC05771.jpg


 右手前の苺のムース、クラブラウンジでも見たような。

DSC05780.jpg



カレーの後で桜スイーツと桜ティーをいただいて
青空の下、ソファで寛ぐのは最高の気分でしたね。

場所柄なのか、老若男女ともに洗練された人しか
見かけないし、外国人も多くて海外みたいなムード。

もっとオシャレして来るんだったと後悔しましたね。

ミッドタウンでウインドーショッピングを楽しんだ後
赤坂方面に向かい、アークヒルズに遠征しました。

ブルーのガラス張りの泉ガーデンヒルズのビルと
桜並木のコラボレーションが何とも都会的なのよ。

泉ガーデンヒルズのレジデンスもいいなと思った。

ヒルズのお花見・・・気に入ったので定番にしたい。

お花見のために一週間、別宅であるレジデンスに
滞在するのも悪くないかと、考えたれいこでした。



 こちらはアークヒルズと枝垂桜のコラボ。

DSC05790.jpg



 同じく・・・泉ガーデンヒルズと桜並木のコラボレーション。

DSC05804.jpg




関連記事

THEME:桜 花見 | GENRE:地域情報 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク