トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

今年のお花見は六本木ヒルズで。

実は2月から、”ヒルズ ” の住人になったのです。

昨年夏に本社を移転したことは報告しましたが、
年明けに急展開あり、レジデンスに入居することに。

オフィスは借りたままですが、レジデンスも別宅兼、
サブのオフィスとして使用することになりました。

レジデンスの高層フロアに空きが出たのですが、
ダーリンが目敏く見つけ、入居の申請をしたのです。

年明けから大変でしたよ・・・入居審査のために
10種類ほどの書類を揃え、面接に臨んだのです。

賃料を払える資力があれば入居できる訳ではなく、
会社の事業内容や納税も審査対象になります。

さらに、大家さんと保証会社、森ビル担当者の
3者を相手に面接する必要があって、その3者が
すべてOKしないと入居することが出来ないのです。


 レジデンスのロビーに飾られた八重桜・・・清楚できれい。

DSC05714_SP0000.jpg



 お部屋のバルコニーから撮影した桜並木。

DSC05717.jpg



契約期間は4年なので、しばらくは腰を落ち着ける
ことになり、本社移転の騒ぎとも縁が切れました。

別宅を構えたのをよいことに社長であるダーリンは
しばしばレジデンスに泊り込み、仕事をしている。

通勤が面倒だとか言って、週のうち半分は本宅で、
半分はレジデンスで仕事をするようになりました。

リビングを事務所として使い別室をベッドルームに
してあるので、まさに別宅として使えるのが便利。

大家さんは地権者の方だと思うのですが、やはり
会社を経営しており、オフィスとして使っていたそう。

家電をそっくり残して下さったので、新たにベッドを
購入するだけで済み、さしたる負担はありません。

都心に別宅があるのは便利で気に入っています。



 レジデンスと桜と青空のコラボレーション。

DSC05726.jpg


 こんな桜並木が続き・・・いつでもお花見できます。

DSC05732.jpg


 
DSC05737.jpg



説明のために前置きが長くなってしまいましたが、
皆さんはお花見、どちらかで楽しまれたでしょうか?

東京はすでに散り始めており、今年の桜前線は
駆け足で通り過ぎてしまったという感がありますね。

上野や皇居周りといった名所のお花見も良いけど、
港区には意外な穴場が多いことをご存知ですか?

オススメは六本木ヒルズを中心とするスポットで、
ミッドタウンや青山霊園、アークヒルズも見応えあり。

ヒルズに移転してから知ったのですが、港区には
あちこち桜並木があり、どこでもお花見を楽しめる。

最近多忙で地元以外のお花見はしなかったけど、
今年は港区の見所をたっぷり楽しんできました。

最先端の街でのお花見スポットを、2回に分けて
ご紹介しようと思います・・・まずは別宅周りから。



フレンチシックなカジュアルで決めたダーリン。

DSC05741_SP0000.jpg



 レジデンス裏手にある児童公園・・・トーテムポールが可愛い。

DSC05723.jpg



レジデンスの裏手に桜並木があり、お部屋からも
きれいに見えたので、思わず撮影してしまいました。

桜並木の向かいに子供用のおしゃれな遊び場が
あることも初めて知ったけど、子供たちで大盛況よ。

ヒルズの子供たちだと思うけど、外国人ばかりで
日本ではないみたい・・・コスモポリタンな街ですね。

綺麗なママたちが、デニムにさりげなくシャネルや
ゴヤールのバッグを持っているのが土地柄です。

髪をきっちり巻いてお洒落にも余念がなく、正直、
大変だよなぁと思いましたね・・・ヒルズに住むのは。

子供も母親も苦労とは無縁の人たちに見えたけど、
何というか、格差社会を目の当たりにした感じ?

ヒルズ周りを散策した後、ミッドタウンのお花見に
出かけたので、次回にご紹介したいと思います。



 こちらはオフィスタワーの花壇に植えられたパンジー。

DSC05748.jpg




関連記事

THEME:桜 花見 | GENRE:地域情報 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク