トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

3月11日を忘れないで。

某ヒルズに本社を移転したことは報告しましたが、
先月からレジデンスに別宅を構えることになりました。

下見に出かけた際、街路樹のイルミネーションを
見る機会があり、華やかで美しかったとは思います。

高層であるレジデンスからの夜景も見応えあるが、
思ったのです・・・東京の夜は明る過ぎやしないかと。

震災後しばらく照明を控え目にしていた東京タワーも
最近は、明け方まで点灯しているという話を聞いた。

レジデンスは全館暖房のせいか、入居した部屋は
真冬でも暖房が要らないほど暖かいのも驚きました。

行きつけのドラッグストアも、上着が必要ないほど
エアコンの温度が高く、節電していたのが嘘のよう。

東京では日々膨大なエネルギーが消費されていく。


何もかもが、震災前に戻ってしまった・・・何もかもが。

都会で暮らしていると、4年前の大震災が夢のような
出来事に感じられてしまいますが・・・私は忘れない。

4年前の3月11日に福島で起きたこと・・・今もなお、
20万人を超える被災者が避難生活を続けていると。

深刻な被害を受けた福島第一原発から、汚染水が
止め処なく漏れ出していることも忘れてはなりません。

被災地の復興は遅々として進まず、原発収束には
目処が立たず・・・時間だけが虚しく流れていきます。

原発事故で生命を脅かされる恐怖を味わいながら、
再稼動に向けて突き進む日本は何処へ向かうのか。

原発無しでも夜景を彩ることが出来ている現状で、
止まっている原発を動かす必要があるのでしょうか。


震災後、玄関先に積まれたままの防災グッズを見る
度に思うのです・・・あの震災を忘れてはならないと。

アンペアダウンを実行し、電気の供給量を減らした
我が家では節電を続けているのに、世の中は元通り。

人は過去に留まることは出来ないから、辛い過去を
乗り越え前へ進んでいく努力は必要であると考える。

ですが、あれほどの災害を経験した私たちが犠牲を
払ったことを忘れ、何も無かったことにして良いのか。

幼いお子様をお持ちの方々は、時計の針が逆戻り
していくことに不安を覚えることは無いのでしょうか。

3月11日を忘れないで・・・今もなお、故郷に戻れず
苦しんでいる方々のことを思いながら、考えてみる。

原発がなくなっても、私たちは生きていけるのだと。

3月11日だからこそ、いま一度、考えてみて欲しい。




関連記事

THEME:このままで、いいのか日本 | GENRE:政治・経済 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク