トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

れいこを巡る3人の男子。

学生時代、頻繁にデートしていた先輩がいたことは
書きましたが、その人のことは好きではなかったのよ。

サークルで一番のイケメンでしたし、スポーツカーで
送り迎えしてくれるような、カッコいい人でしたけど。

れいことデートをするために、せっせとバイトで稼ぎ、
大切にしてくれたのに・・・好きにはなれませんでした。

なぜなら、他に好きな人がいたから・・・しかも2人も。

そのうちの1人がナカムラで、もう 1人が3歳年上の
先輩である、シンタニというサークルの会長でした。

同級生の男子によると、ナカムラはれいこが好きで、
同級生女子によると、シンタニ先輩もれいこが好き。

ですが、ナカムラはユウコと付き合うことになったし、
シンタニ先輩は ”会長の掟” で、誰とも付き合えず。

同級生の男性陣は、ナカムラはれいこが本命だったと
断言するのですが・・・れいこは違うと思っています。

ナカムラが好きだったのはユウコで、れいこのように
”したたかな女” は、彼の好みではないんだと思うのよ。

自分のウソに騙されてくれる女がナカムラは好きで。

今回の同窓会での、以下の会話でもそれが分かる。


ナカムラ  「れいこも会社、経営してるの?」

れいこ   「そうだよ・・・3年前にも話したけど」

ナカムラ  「そうだっけ・・・どんな会社?」

れいこ   「まぁ、空気に価値つけて売る感じ?(笑)
        在庫商売じゃないから、業績は安定してる」

ナカムラ  「変わってないね~、そういうとこ。
        抜け目ない女だったもんな~、昔から(苦笑)」


シンタニ先輩とれいこが両思いだったことは、ナカムラも
知っていたみたいですが、このあたりが男女の妙でね。

れいこはナカムラが好きだったけれど、シンタニ先輩も
同時に好きだったということ、理解され難いかもしれない。

いま思うとナカムラに対する気持ちは一過性のもので、
先輩に対する思いとは別だったけど、これがまたフシギ。

先輩のことは本気で好きだと自分では思っていたのに、
結局は彼の気持ちには応えず、先輩は大学を卒業した。

彼の気持ちに応えなかったのは、就職が決まったから。

高校の教師になった先輩と、大企業に就職が決まった
れいこでは、目指す方向がまったく違ったんですよね。


そして、卒業してから数年経ち、シンタニ先輩の結婚が
決まったという知らせが、マサミ経由で入ってきました。

相手はマサミの高校時代の友人で、先輩を含めた数人
でスキーに出かけた際に引き合わせたという話でした。

”れいこにそっくりの女の子だよ~” とマサミは言うの。

”まず見た目が似てる・・・顔立ちの雰囲気もそうだし、
 ロングヘアでお淑やかで、お家が厳しいのも同じ(笑)”

マサミの話を聞いた時、今更ながらショックを受けた。

れいこは卒業後、シンタニ先輩のことを思い浮かべる
こともなかったのに、彼の方は思い続けてくれたんだと。

先輩が結婚することより、れいこを思い続けてくれて
いたことの方がショックが大きくて、内省的になりました。

れいこに対する先輩の気持ちを、マサミが知っていた
のも驚きで、何となく責められているような気がしたわ。


ただ、シンタニ先輩は相応しい相手を選んだと思うの。

ナカムラとれいこが男女として合わないように、先輩と
れいこもまた、合わないから・・・恋愛と結婚は別なのよ。

これまた男女の妙で、お互いに好きでも結婚となると
話は別なんですよね・・・結婚する相手は別に存在する。

学生時代、あんなに好きだった両思いのシンタニ先輩
と付き合いもしなかったのは、それが分かっていたから。

れいこには実現したい夢があり、その夢を共有できる
相手は先輩ではないと、就活の時から思い始めていた。

3年前の同窓会で先輩と再会した時、つくづく思った。

若かりし頃の決断が間違いではなかったから、お互い
相応しい伴侶を得て、今は幸せに暮らしていることを。


※ 一旦、別の連載を挟みますが、学生時代の同窓会
  の記事はまだ続きます・・・忘れないうちに記録したい。




関連記事

著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク