ミセスれいこの、お気に召すまま。

       相変わらず仕事が忙しいです ~ スマホ版のテンプレを設定 ~

Entries

ベネチア滞在記 ~ 穴場のレストラン。

残り2日はどこへ行こうかという話になって、初日に
土地勘なしで迷ったドルソドゥーロ地区を再訪しようと。

初日は余裕がなく、観光名所のアカデミア橋をじっくり
見られなかったので、アカデミア橋を見に行こうかと。

アパートの近くにある橋だったのに、あの時点ではまだ
把握していなくてね・・・無駄に遠回りしてしまった。

昼間に見るアカデミア橋は風情があって良かったです。

珍しい木造の橋で、撮影している観光客も多かったわ。

ドルソドゥーロ地区を再訪すると、初日には見られな
かったものが見られて良かったけど、少し後悔しました。

滞在中、アルセナーレ地区には一度も行かなかったし、
造船所がある街なので、行ってみれば良かったと思った。




 珍しい木造のアカデミア橋・・・正面の写真でないのが残念ですが。

DSC05160_20141203044536507.jpg


 雰囲気のあるレンガの路地が素敵です。

DSC06071.jpg



実はその日、日本から予約していたレストランが
あったので、お夕食を頂くためにカンナレージョへ。

サンタルチア駅の近くでね、数日前に駅の周辺を
観光した時は場所が分からず、ネットで調べました。

運河沿いのレストランで、実は分かりやすい場所に
あったのに、単純に見落としていたみたいですね。

5時半に行ってみたらテラス席が空いていたので、
予約時間前でもいいかと、お店の女性に声をかけた。

”6時に予約しています” と英語で言ったつもりが、
予約をしたいと誤解され、改めて予約をすることに。

クレジットカード会社が予約してくれた筈ですが、
2ヶ月近く前だったので、無効になっていたらしく。

お店でしっかりとテラス席を予約でき、かえって
良かったかもしれないと思いつつ、先にスーパーへ。


 こちらがお気に入りのレストラン・・・目の前は運河です。

DSC06106.jpg


 運河を挟んだ向かいにあるレストランも可愛らしい。

DSC06099_20141203053631706.jpg



イタリア人は英語が堪能であるという思い込みが
ありましたが、意外に英語ができない人が多いです。

ムラーノ島のレストランでもそうだし、この日に
出かけたレストランのスタッフも得意ではない様子。

数年前にツアーで実家の母とイタリアを旅した時、
フィレンツェの蚤の市で面白い体験をしたんですよ。

露天のお兄さんに ”英語は話せるの?”と聞かれて
”ちょっとだけ” と笑ったら、”俺もそうだよ(笑)” と。

その時、気付いたのよ・・・イタリア人も日本人と
同じで英語がそれほど得意ではないということに。

彼らは英語の発音が正確なものだから、流暢に話す
ようなイメージがあるけど、実はカタコトだったり。

観光客と商売するだけの簡単な英語なら話せるけど、
れいこと同じで、複雑な内容は話せないんですよ。

それを知った時に、親近感を覚えてしまいました。


 こちらのお店もハウスワインが美味しかった。

DSC06108_SP0000.jpg


 必ず味わって欲しい魚介のパスタ・・・ハズレがないです。

DSC06117.jpg



スーパーで買い物してからレストランを再訪すると、
先程の女性がれいこの顔を見ただけで笑顔になってね。

首尾よくテラスの席に座れたのですが、小さなお店
だけに、あっという間にテラス席が埋まってしまった。

このお店に関しては、テラスの席を確保したければ
予約は必須だと思いました・・・次回もそうしようと。

肝心の料理の方なのですが、評判通りの美味しさで
感動したわ・・・パスタからデザートまでハズレなし。

魚介のパスタの美味しさに涙が出そうになったけど、
自家製のティラミスも量がたっぷりで大当たりでした。

しかも格安ですよ・・・レシートを見て驚きました。

カンナレージョ地区にあって、メインの観光地からは
少し離れているせいかもしれないけど、穴場ですね。

スタッフもテキパキ働く上に感じが良く、気に入った。


 メインで注文したシーフードのフリットはポレンタ添え。

DSC06122.jpg


 ラザニアもオススメ・・・適度な量で日本人向きです。

DSC06119.jpg



店名を書ければ良いけど、ナイショにさせて下さい。

日本人の観光客で混んでしまうのがイヤなんですね。

ベネチアのレストランは情報が少ないので、誰かが
紹介してしまうと、日本人客が殺到してしまうんです。

それでサービスと味が落ちて、ダメになったお店が
少なくないもので、れいこの隠れ家にさせて頂こうと。

ベネチアはリピートするので、行きつけにしたいしね。

カンナレージョ地区の運河沿いにある、小さなお店。

サンタルチア駅から続くメインストリートを道なりに
リアルト側に歩いていくと、見つかるかもしれない。

スーパーの Billa からも近いので、お買い物がてら
探してみて下さいね・・・ベネチアでは貴重なお店。


 ティラミスはボリュームたっぷり・・・お2人でどうぞ。

DSC06125_SP0000.jpg


 8時になると満席のテラス席・・・諦める観光客もチラホラ。

DSC06130_20141203055749e71.jpg


       (・・・つづく)



関連記事

左サイドMenu

トリップアドバイザー掲載ブログ


世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル

      

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー表示

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

右サイドメニュー

著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク