トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

ベネチアへの旅 (アパートチェックイン編)

固定電話が繋がらない時は携帯電話という訳で、
現地スタッフの電話に携帯でトライしてみるものの、
結果は同じでね・・・途方に暮れてしまいました。

万事休すかと思ったその時、ダーリンが繋がったと。

頭の数字を除いてかけたら繋がったらしいけど、
事前にそう教えられていればと舌打ちしましたね。

”イレーネさんですか? ○○(れいこの姓)です。
10時の水上バスに乗るので、11時頃になるかと”

現地スタッフは日本人ではないので、英語での
会話となるのですが、これがまた苦手なワケです。

電話だとね、発音が悪いと正確に伝わらないのよ。

パリの時もスタッフが誤解して遅刻したと思われ、
危うく遅延金を取られそうになり、油断がならない。



 レンタルしたアパート最寄りの水上バス乗り場です。

DSC05883.jpg



それに、スタッフに電話しながら不安がありました。

10時の水上バスに乗ると言ったものの、その時点で
9時45分を回っていたのよ・・・いや、焦ったわ。

空港からバスの乗り場まで10分掛かるというのに。

万が一、10時のバスを逃すようだと11時までに
チェックイン出来なくなって、立場が危うくなるわけ。

電話が終わるとスーツケースを手に猛ダッシュして
一目散で、水上バスの乗り場を目指して走りました。

事前に乗り場までのルートを頭に入れていましたので、
間違うことなく辿り着けたけど、息も絶え絶えです。

すったもんだの末に、無事に水上バスに乗り込んだ。


 こんな素敵なメイン通りにレンタルしたアパートはあります。 

DSC05040_20141029055747a75.jpg



この水上バスなのですが、れいこには不安があって、
揺れると聞いていたので、船酔いが心配だったのです。

小さな船だけに、別の船とすれ違う時は揺れましたが、
幸いにベネチアの海は穏やかでね、問題無しでした。

滞在中、何度か水上バスに乗りましたが、本島での
足に使うのは、ACTV社の大き目のバスになります。

ACTV社はほとんど揺れないので心配無しですよ。

レンタルしたアパートはサンタンジェロという乗り場
が最寄りで、そこでスタッフと待ち合わせだったの。

無事にイレーネさんという若い女性スタッフと対面し、
アパートまで案内して頂き、チェックインしました。


 アパートのダイニングエリア・・・右手にキッチンがあります。

DSC06185_20141029055216937.jpg


 モダンな絵画が白い壁に映えるリビングコーナー。

DSC06188.jpg



そのアパートなのですが、外観は石造りで古いのに
内装は一新されたとかで、素晴らしくスタイリッシュ。

ベッドルームが2部屋ある上に近代的なバスルーム
を備え、リビング兼用の素敵なキッチンがあるのです。

過去にニューヨークとパリのアパートを借りましたが、
レンタル料が高いわりにワンルームで、不便でした。

ベネチアのアパートはいいですよ・・・内装がどれも
お洒落で部屋数が多いのに、手頃なレンタル料です。

シャワーも問題なくお湯が出るし、水周りは完璧です。

そのアパートは大運河に最寄りの水上バス乗り場が
ある上に、乗り場から至近で便利なこと、この上ない。

立地選びには苦労したけど、この物件に決めた自分を
誉めてあげたい・・・テンションが上がったわ(笑)


 白が基調のメインベッドルーム・・・クローゼットがダブルです。

DSC04998.jpg


 スタイリッシュなバスルーム・・・トイレの奥がシャワー室です。

DSC05011.jpg


   (次回から旅行記をスタートします)



関連記事

THEME:★イタリア旅行★ | GENRE:旅行 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク