トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

ドラマ「聖女」が終わって。

最終回もとうに終わり、今さらの話題かもしれませんが、
しばらくホテルの記事を連載し、遅くなってしまって。

海外旅行中に最終回を見逃し、再放送を見たのですが、
旅行記をスタートする前にどうしても、書いておきたい。


最後まで哀しい女性でしたね・・・基子という女性は。

晴樹に出会わなければ愛を知ることもなく、ある意味
彼女らしい、それなりの人生を全う出来たかもしれない。

晴樹を愛していたのは事実だと思いますが、その愛は
いささか歪んでいたのではないかと、れいこは思うのよ。

晴樹を本当の意味で愛していたのは泉美で、結果的に
基子を退け、彼と結婚することが出来たのだと思います。

公式サイトの掲示板に目を通すと、基子に同情する人が
圧倒的に多いけど、泉美は誰も傷付けていませんよね。

れいこも基子に感情移入して見ていましたが、晴樹の
全てを受け入れる泉美は、幸せになる資格があると思う。

ただ、れいこなら彼とは別れると思う・・・男として
心許ないというか、信頼出来ない・・・あの揺らぎ方が。

何れにせよ、晴樹は基子を受け入れるだけの器はない。

仮に一緒になったとしても、破綻は目に見えているかと。

泉美だって大変だと思うわ・・・晴樹との結婚生活を
維持していくには、よほどの覚悟がなければ難しいです。


最終回で基子が海に沈もうとした時、晴樹が後を追い
ながら見殺しにしたという声が大きいけど、それは違う。

どうすることも出来なかったのよ・・・基子を幸せに
することが出来ないから、沈む彼女を見ているしかない。

幸せに出来ない代わりに、彼女の死を見守りたかった。

「じゃあ、一緒に死んでくれる・・・?」 と、最後に
基子は呟いたけど、何とも哀しいセリフで涙を誘ったわ。

れいこが基子の立場なら、同じ選択をすると思います。

失明した上に晴樹を失ったら、生きていく希望がない。

何れにせよ・・・基子は幸せにはなれない女性だから。


広末涼子が凄く良かった・・・基子の役にはまっていた。

あまり好きな女優ではないけど、今回は評価出来ます。

”聖女” の前に主演したドラマはコメディだったけれど、
彼女は断然コメディよりも、シリアスな役の方がはまる。

永山絢斗も好演でしたね・・・微妙な表情が秀逸だった。

初めて彼を知った時は、チャラい男の役で好きになれな
かったけど、真面目な役をやると俄然、光りますよね。

これから伸びそうな若手俳優ですね・・・永山絢斗は。

今年一番の美しく切ないラブストーリー、良かったです。



関連記事

THEME:テレビドラマ | GENRE:テレビ・ラジオ |
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク