トリップアドバイザー掲載ブログ

世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル
      
スポンサードリンク
カテゴリー表示
月別アーカイブ(タブ)
メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

思い出のホテルオークラ東京。

OL時代から宿泊したいと願いつつ、事情があって
来られなかったホテルオークラ、ついにお泊りしたわ。

若かりし頃に某男性とのデートの思い出がある場所で、
何となく、ダーリンと来るのは控えていたんですよ。

新卒で大企業に入社した年に、職場で一年上の男性と
お付き合いしたのですが、高級ホテルに詳しい人で。

今考えると生意気だと思うけど、交際相手の意向で、
20代の前半からホテルでデートするのが定番でした。

お相手が変わってもデートの場所が変わることはなく、
どの男性も高級ホテルを好む人ばかりだったのです。

都内のホテルは大抵デートで交際相手と訪れていて、
思い出があるのは、オークラだけではないですが(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ





 ホテルオークラ東京の外観・・・こちらは本館になります。

DSC02320.jpg


 エントランス及び車寄せ・・・十分に停められるスペースがある。

DSC02316.jpg



ただ、誤解のないよう補足をすると、結婚前は男性と
宿泊したことはないです・・・あくまで食事やお酒だけ。

れいこの親は、嫁入り前の娘が男性と宿泊することを
許しませんでした・・・こう見えて、箱入りだったのよ。

実をいうと門限もあって(笑)、結婚前は苦労しましたよ。

打ち明け話ですが、今の夫であるダーリンがれいこと
結婚できたのは、門限を守り抜いた男性だったからです。

恋人時代のダーリンは涙ぐましい努力をした・・・門限
をきっちり守るため、いつも車で家まで送ってくれた。

彼の努力が実って、両親は結婚を許してくれたのです。

だからリッツ・カールトンでよく見かける、ふた回りも
歳の離れたオジサマと同宿する若い女性が理解不能で。

ママに叱られないのかなと、どうしても思ってしまう。


 今も昔も数々の政治家が足を踏み入れる本館ロビー。

DSC02322.jpg


 若かりし日のれいこが好きだったロビーラウンジ。

DSC02325.jpg



少し話が逸れましたが、若い頃のデートで訪れて以来、
ずっと泊まりたいと願っていたのに避けていたオークラ。

ここへ来て宿泊する気になったのは・・・来年の夏から
本館を取り壊し、いよいよ建て替えすると知ったから。

オリンピックに備え、近代的な高層ホテルになるらしい。

れいこの記憶に残る・・・温かな行灯の灯ったロビーが
無くなると思ったら、居てもたってもいられなくなり。

あの懐かしいロビーに、建て替え前に足を踏み入れたい
と思い、慌てて出かけた訳です・・・ダーリンと共に。

だって、素敵なバーがあるんですよ・・・オークラには。

もう10年以上経っていても、あの日のデートのことを
覚えてる・・・若かりし日の甘酸っぱい思い出として。


 昭和のムード漂う渡り廊下・・・別館に続いています。 

DSC02329.jpg


 こちらは別館のロビーラウンジ・・・行灯が何とも味がある。

DSC02362_SP0000.jpg



熱海辺りにあるような、鄙びた温泉宿風のホテルの外観
は変わらず、あぁ、オークラに来た・・・と思ったわ。

虎ノ門界隈は近代的なビル群に生まれ変わっていると
いうのに、オークラだけが取り残されたようにレトロで。

エントランスから入って奥の、数段の階段を下がった
場所に、和の情緒に溢れるロビーラウンジがあるのです。

テーブルと椅子はあっても、今どき珍しい飲食を提供
しないラウンジで、ゲストが思い思いに寛げるのがミソ。

れいこの記憶の通りに行灯が置かれ・・・天井からは
提灯風のデザインの照明が下がり、何とも魅力があるの。

10年以上経っているのに、全く変わっていないのに
驚いた・・・まるであの頃にタイムスリップしたみたい。



DSC02375_SP0000.jpg


 館内のあちこちで見られる和風のアレンジメント。 

DSC02361.jpg

        (・・・つづく)

関連記事

THEME:高級ホテル | GENRE:旅行 | TAGS:
著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク
スポンサードリンク