ミセスれいこの、お気に召すまま。

       相変わらず仕事が忙しいです ~ スマホ版のテンプレを設定 ~

Entries

装いの変わったクラブラウンジ。

クラブラウンジなのですが・・・1年振りに訪れてみたら
あらゆる意味で変わっていて、少し驚いてしまいました。

ラウンジの内装等に変化があった訳ではないのですが、
ソフトが変わったと言うべきか、ある意味進化していた。

まず目に付いたのが装飾花で、センターに飾るお花は
いつも洋花だったのが、白い胡蝶蘭を飾っていました。

女性スタッフが 1人着物を着ていたのにも驚いたけど、
外国人のスタッフが2人もいたのには思わず注目した。

しかも、そのうちの1人は英語しか話せないようでした。

東京のホテルはオリンピック需要を見込んでいるから、
外国人ゲストへの対応を充実させているのだと思った。


ブログランキング・にほんブログ村へ


ティータイムのクラブラウンジ・・・フード関係は出されていない。

DSC01712.jpg


 
 清楚な胡蝶蘭を飾るだけで雰囲気が変わる。

DSC01775.jpg




アフタヌーンティータイムの時は外国人ゲストが多いと
思ったのですが、客層は相変わらずでデート客が多い。

年齢にかかわらず、日本人カップルは我が家のような
夫婦は稀で、基本的にデートホテルですね・・・リッツは。

ただ、必ず何組かは見かけていたオジサマと若い女子
という”不適切なカップル” は居なかっただけマシかな。

ご本人の勝手ですが、その手のお客を見ると興醒める。

年上の男性が苦手なれいこは、幾らでも相手を選べる
若い女性がオジサマと同宿するというのが理解不能で。

金持ちの中年男性が財力にもの言わせて若い女子を
はべらせる図は、男のバカさ加減を見せ付けられるわ。

まぁ、女子の方も嫌々ではなく、計算ずくで同伴してる
ようなので、それはそれでビジネスとして成り立つけど。

オジサマが独身であれば、普通の恋人同士と言えるし。



 53階から見下ろす六本木ヒルズ・・・眺望は文句なし。

DSC01700.jpg



 クラブラウンジ特製、アフタヌーンティーセット。

DSC01782_SP0000.jpg




ところで、提供されるアフタヌーンティーのセットですが、
これがれいこ的には、いまひとつ物足りないんですよ。

シャングリ・ラのアフタヌーンティーセットと比較すると、
もう少し頑張って欲しいかな~、という感じがするのね。

外国人のスタッフに ”如何でしたか” と英語で聞かれ、
”とても美味しかった” と答えたのは、あくまでお世辞。

紅茶も断然、シャングリ・ラの方が美味しいと思うけど、
ロビーラウンジと同じ内容なのか、気になるところです。

ロビーラウンジではもう少し気合が入っているのかな。

ウェッジウッドのフロレンティーンの茶器を使っていた
のが気に入っていたのに、ノリタケに替わったようだし。

そのかわり、客室の茶器がウェッジウッドに替わって
いたから機嫌が直った・・・優雅な気分になりましたよ。



上の段からスイーツ、スコーン、カナッペ類。

DSC01785_SP0000.jpg



 客室にセットされたウェッジウッドの茶器は気に入った。

DSC01853.jpg



       (・・・つづく)




関連記事

左サイドMenu

トリップアドバイザー掲載ブログ


世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル

      

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー表示

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

右サイドメニュー

著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク