ミセスれいこの、お気に召すまま。

       相変わらず仕事が忙しいです ~ スマホ版のテンプレを設定 ~

Entries

6.1 川内原発再稼働やめろ! 官邸・国会前大抗議(後編)

今回印象深かったのが、城南信用金庫の理事である
吉原毅氏の演説で、金融界の人物らしい明快な論理。

「原発は採算合わず、全廃すれば経済が活性化する」
という氏のスピーチを、大きく頷きながら聴きましたが。

炎天下の中、きちんとスーツを着た吉原氏が、涼しげ
な顔で身じろぎもせず、順番を待つ姿が印象的でした。

福島の事故後に間もなく、脱原発を宣言して東電との
契約を解除した気骨ある経営者で、私も影響を受けた。

3年前に、吉原氏の脱原発宣言に感銘を受けた私は、
経営する会社で脱原発キャンペーンを開始することに。

いつかお目に掛かりたいと思っていた人物の姿を次々
と間近で見られ、この日は収穫が多かったと思います。



城南信金の吉原理事長の演説は分かりやすい。

DSC01305.jpg



 炎天下も何のその・・・帽子着用で演説に聞き入る人々。

DSC01297.jpg




脱原発弁護団全国連絡会代表を務める河合弘之氏の
演説を聴き終えたところで、敢え無くタイムアップとなり。

まだ木村結氏の演説も済んでいなかったし、久しぶりに
慶応大教授の小熊英二氏が登壇する予定だったのに。

5時の集会終了まで40分を残したところで、惜しみつつ
現地を後にすることに・・・会食の予定がありましたから。

ラガーシャツにジーンズ、スニーカーというラフな服装で
登壇した河合氏は、剛腕弁護士には見えませんでした。

数々の経済事件で鳴らしてきた人物だけにキレと迫力
があり、持ち時間を過ぎても堂々とスピーチをしていた。

今回に限って登壇者が多く、時間も大幅に押していて、
何れにせよ終了までに、全員は話せなかったのではと。



 河合弁護士のラフな服装がカッコよかった。

DSC01307.jpg



 警備する若手の警察官たち・・・抗議集会に慣れ、余裕の表情。

DSC01309.jpg




演説コーナーから離脱して霞ヶ関の拠点へ戻る途中、
ゆったりと現地へ向かっていた小熊英二氏とすれ違う。

社会学者である彼は集会に参加の度に現地を徘徊し、
一般市民の参加者に紛れて動向を探っているらしい。

ある意味目的は私と同じで、共感を覚えるのですが。

そう言えば今日は、社会党の福島瑞穂氏の顔をまだ
見ていなかったと残念に思いながら、現地を後にした。

原発事故から3年を過ぎても脱原発の抗議集会には
終わりが見えず、延々と続けることになるのだろうか。

国会議事堂に続くこの道を、何度歩くことになるのか
と考えながら、次の予定のために慌しく帰途についた。



 もはや見慣れてしまった国の最高機関・・・国会議事堂。

DSC01308.jpg



関連記事

左サイドMenu

トリップアドバイザー掲載ブログ


世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル

      

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー表示

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

右サイドメニュー

著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク