ミセスれいこの、お気に召すまま。

       相変わらず仕事が忙しいです ~ スマホ版のテンプレを設定 ~

Entries

母の日と苺のアイスクリーム。

皆さん、母の日のお祝いは何かなさいましたか・・・?

既婚者であれば必須なので、何らかのお祝いをされる
方が多いと思いますが、我が家の場合はお花とお祝い金。

この手のお祝いの仕方は各家庭で様々だと思いますが、
我が家は双方の実家の意向に沿ってお祝いをしています。

れいこの両親には誕生日祝いのみ、現金で贈っています。

義父母には母の日にお花とお祝い金、父の日に食事会
というのが定番になっていて、わりと簡素かもしれない。

これが双方の実家の意向で、モノより現金というか(笑)

贈り物選びに悩まず済むので、合理的で楽だと思います。



先日の母の日に、ダーリンの実家にお祝いを届けたら
義母がご機嫌で、摘み立てだという苺をたくさん頂いた。

広大な庭の片隅で苺を作り、孫に食べさせるのを義父母
は楽しみにしているのですが、正真正銘の無農薬です。

秋になると柿を頂くこともあるのですが、実をいうと
れいこは自宅では、生のフルーツをほとんど食べません。

理由は分からないのですが、体が欲していないのよね。

嫌いという訳でもないので、外食では普通に頂きますし、
ホテルの朝食では果物にヨーグルトを掛けるのが定番。

ですが、フルーツたっぷりのタルトと、こってりした
ショコラのケーキを選べと言われたら、ショコラを選ぶ。

果物はビタミンの宝庫で美容にも良いのに、我ながら
女らしくないな~と思いますが、あまり必要としません。


前置きが長くなりましたが、生のフルーツを食べない
れいこは、頂いた柿や苺をアイスクリームにしています。

”柿のアイスクリーム?” と皆さんは思うでしょうけど、
レモン汁を加えて作ると、みかんのような上品な味わい。

れいこの手作りのアイスクリームは絶品で、ネットで
売り出そうかと、ダーリンと冗談を飛ばしたこともある。

材料はとにかくシンプルで、苺の場合はピューレにした
苺に泡立てた生クリームと砂糖を混ぜるだけなのです。

苺自体もオーガニックですが、添加物など一切なしの
素材が勝負のアイスクリームで、美味しいったらないの。

ダーリンは大喜びで食べるのですが、子どもがいれば
こういう手作りの安全なお菓子、食べさせるのにと思う。


 材料をすべて混ぜて冷やし固める前の手作りアイス。

DSC01147_SP0000.jpg

 リビングで撮影したもので、敷いてあるのは嫁入り前に
 れいこが手作りしたレース編みのテーブルセンター。




文章で書くと超カンタンな作り方ですが、実はコツが
いくつかあって、低脂肪の生クリームだと風味が落ちる。

苺は完全に潰さず、果実感を残すのもポイントかしら。

生クリームの泡立て方にもコツがあり、ゆる過ぎても
ダメですし、固く泡立て過ぎても上手く仕上がりません。

容器に入れて冷やし固める際に、完全に固まってしまう
前に何度か混ぜながら、空気を含ませるのも大事です。

生クリームは1パックしか使わないので、苺のつなぎに
過ぎず、苺の量が多ければ多いほど鮮やかなピンクに。

卵を使わないのでヘルシーですし、ソルベに近いかも。

熟した苺の方が美味しく仕上がるので、食べきれずに
傷みかけた苺でもOK・・・ぜひお試しになって下さい。


 完成品はこちら・・・鮮やかなピンク色のアイスクリーム。

DSC01148.jpg




関連記事

左サイドMenu

トリップアドバイザー掲載ブログ


世界最大の口コミ情報
サイトで紹介して頂くに
あたり、優良ブロガーに
認定されました。

東京 ホテル

      

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー表示

月別アーカイブ(タブ)

メールフォーム: mail form

お名前: your name
メール: E-mail address
件名: title
本文: the text

スポンサードリンク

右サイドメニュー

著者のプロフィール

 れいこ。

Author: れいこ。
都会暮らしの会社経営者。
旅行関係の情報を中心に
発信しています。
2016年から仕事で参加
しているプロジェクトが
2年目を迎え、公私共に
多忙な日々を送っている。

ご連絡は下記メールフォームで。

ホテル関係の情報なら
人気ブログ・ランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサードリンク

スポンサードリンク