04≪ 2017/05 ≫06
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2017-04-17 (Mon)
ずいぶん長いこと更新をサボりましたが・・・。

先週から再び六本木ヒルズに滞在しており、
何かと多忙で・・・と言い訳したいのですが、
お花見三昧というのが正直なところかな(笑)

公私共に色々あり、忙殺されているのは
事実なのですが、その件は改めて書くとして、
先月末から六本木でお花見を楽しんでいます。

前回の記事もヒルズのイベントでしたが、
訳あって今月から来月にかけてレジデンスに
滞在する予定で本宅にあまり帰っていない。

レジデンスでは家事をしなくて済むので、
毛利庭園のテラス席でのんびり仕事をしたり、
ミッドタウンにお弁当を持って夜桜を見たり。

仲良しのマダムとホテルでランチしてみたり、
夢のような優雅な日々を過ごしています。

本宅にいる時は時間に追われているので、
大好きな桜の季節ぐらい羽を伸ばしたくてね。

    

 毛利庭園は六本木ヒルズでも人気の高い観光スポットです。

DSC01868 (1024x768)


 庭園脇のお気に入りのテラス席は仕事がはかどります。

DSC08376 (1024x682)



皆さんはホテルのレビューを期待されているかも
しれないけど、正直レビューは億劫なのです。

写真を見やすく加工したり、連載にしたりでね。

マンダリンオリエンタルの記事、書きたいとは
思うけど・・・多忙も相まって気が乗らない。

そんな時は肩の凝らない記事に限るという訳で、
久し振りの更新はお花見の記事でいこうかと。

済みません、最近こんな調子で・・・来月には
大事な仕事も控え、ブログを書く余裕がなく。

前置きが長くなりましたが、都心は桜の季節が
もう終わりでね、六本木界隈も13日までが
見頃の最後で、14日には葉桜になっていたわ。

気温の低い日が続いたせいか桜が長持ちしてね、
今年はお花見を長く楽しめたから幸せでした。

おかげで、あちこちでお花見ランチやカフェを
満喫したのですが、何から書けばいいかしら。



 ヒルズアリーナ恒例の春まつり・・・今年はちゃぶ台が登場です。

DSC01820 (1024x768)


 ホットワインと焼き鳥、グランドハイアット提供のパニーノでまったり。

DSC01918 (1024x768)



時系列順に書くと、まずはヒルズの春まつり。

毎年恒例のイベントなのですが、今年は趣向が
変わっていて、ちゃぶ台と屋台で一杯という。

今月初めのイベントで、気温が低かったせいで
桜は三分咲きぐらい、盛り上がりもイマイチ。

レジデンスの住人向けに屋台のクーポンが
配布されたので行ってみたけど、寒かったわ~。

ステージでピカチュウと撮影できるのが目玉で、
それを目当てに2度も行ってしまいました。

だってピカチュウ、大好きなんですもの(笑)

ネットでダンスを踊っているのを見て以来、
あまりの愛らしさにメロメロになってしまって。

一度でいいから実物を見たいと思っていたの
ですが、想像以上に仕草が可愛らしかったです。

いい年して子供たちと一緒にバカみたいに
2度も行列に並んで写真を撮ってもらった(笑)



 大好きなピカチュウとハグハグ~♪ 夢が叶いました(笑)

DSC01915 (1024x768)


大人ひとりでツーショットはれいこだけ・・・可愛くて萌え死にそう(笑)

DSC01856 (2) (1024x835)



レジデンスの近くにあるレストランも穴場です。

テラス席がおしゃれで、前から気になっていた
のですが、桜の並木沿いにお店があるのです。

れいこには珍しく、ひとりでカフェを楽しんだ。

ラッキーなことに、たまたまテラス席の端が
空いていて、桜を眺めながらスケジューリング
していたら、あっという間に1時間が過ぎた。

本当は評判のスイーツを頂きたかったけど、
ダーリンがクライアントと会っている時だったし、
れいこだけで楽しむのは悪いような気がして。

テラス席のすぐ横が某マンションの入口で、
ぼんやりと出入りする人たちを眺めていたら、
レジデンスで隣室の住人さんが入っていってね。

30代半ばぐらいの自由業らしき男性ですが、
10分後にはビジネスマンと出てきたのよ。

あら~と思ったんですよ・・・どんな仕事を
されているのか気になっていたのですが、
やっぱりビジネスなさっている方なんだなと。



 桜並木が眺められるテラス席はお花見シーズンの特等席。

DSC04963 (1024x768)


 アイスカプチーノをお供にしばしスケジューリング。

DSC04957 (2) (1024x768)


             (後半につづく・・・かも?)




                


Return

Theme : 東京23区 * Genre : 地域情報 * Category : 季節のイベント
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-03-29 (Wed)
予約の時間に出かけると、少し店内で待つことに。

朝方に並んでいた時はアーミー柄のパンツなんか
穿いていましたが、ワンピースにお着替えした。

シャングリ・ラのピャチェーレで食事の予定があり、
たまたまドレッシーなワンピを持ってきていた。

後で来店するダーリンに撮影を頼んでいたので、
カメラを持参していなかったことを後悔しました。

待ち時間に店内プレゼンテーションを撮影したり、
メイクしてもらっている姿を撮れば良かったと。

担当メイクさんはアラサーの女性でキュートな方。

「どんなイメージにしますか」と尋ねられた時、
ブラウン系と迷いつつ、思い切ってピンクにした。

「春だし、やっぱりサクラのイメージですかね」

    

スキンケアから始めるのですが、コフレドールは
スキンケアラインが無いので、DEW の商品を使用。

信じ難いほどトロリとしたテクスチャのアイテムを
最初に使ったのですが、確か化粧水だったと思う。

次に美容液を重ねると、「えっ、こんなに?」と
いうほどウェットな肌になり、驚いてしまいました。

「メイク時はこのくらい保湿した方がいいですよ」
と言われたのですが、なるほど、れいこはいつも
ろくに保湿をしないので、乾燥しやすいのかと納得。

いつまでも若いつもりでいたらイカンなと反省した。

下地を塗った後でリキッドファンデの出番ですが、
プロの凄いところは瞬時にピッタリの色を選ぶこと。

仕上がった写真を見たら、首の色と同化していたわ。

素人判断で色を選ぶと、顔だけ浮いたりするよね。



 これは撮影前・・・カメラマンやメイクさんに囲まれてモデル気分(笑)

DSC07692 (1024x682)



ベースメイクが終わると、れいこはアイメイクから
始めるのですが、プロは眉から仕上げるんですね。

一番勉強になったのが眉でね、メイクさんによると、
れいこの眉は左右が対称ではないらしいんですよ。

まずはパウダーを乗せてから、ペンシルで眉尻を
描いていくのですが、プロが一番気合を入れたのが
この行程で、細かく修正しながら緻密に描いていく。

最後にアイブロウのマスカラで仕上げるのですが、
自分では描いたことのない形の、完璧な眉になった。

へえ~、今ってこういう眉が流行っているのかと。

アイシャドウとチーク、口紅は綺麗なピンクを使用。

ピンクメイクは20代で卒業したのでどうかなと
思ったけど、思いのほか違和感なく仕上がりました。

口紅はベージュ寄りの色にすれば良かったかなと
思ったのですが、あえてクリアなピンクにしてみた。



モザイクで分かりにくいですが・・・プロのアイメイク。
シマーで淡いピンクやパープルで目元に陰影を作る。


DSC07738 (3) (1024x442)



メイクが仕上がるとドレスや髪飾りを選ぶのですが、
これが豊富に揃っていて、好みのアイテムを選べます。

世代には関係なく、殆どの方がウエディングドレスを
選んでいましたが、れいこもやっぱり白にしました。

トウの立った花嫁みたいですが(笑)、スタジオの
背景が溢れんばかりの淡い色のお花で飾られていたし。

黒や赤のドレスを選んだ方もいましたけど、春らしい
お花の背景には白のドレスが映えると思ったのです。

最後にヘアメイクで完成なのですが、1人につき
たっぷり45分ほど掛けて頂けるから嬉しいですね。

そして圧巻はカメラマンによる撮影で、店内の角に
設えた本格的なスタジオセットでポーズを決めるのよ。

イケメンのカメラマンにあれこれと指示をされると、
他の皆さんは表情が固くなってしまうのが初々しいわ。

子どもの頃から写真を撮られ慣れているれいこは
堂々のモデルっぷりで、「抜群の安定感です(笑)」



 完成した画像がこちら・・・姿が見えなくてごめんなさい(笑)
          本物のポスター撮影みたいで夢のような体験でした。
 

ブロック処理



これで終了という訳ではなく、20枚ほど撮影した
写真の中から 「キセキの1枚」 を自分で選ぶの。

選べるのは1枚だけなので、かなり迷いましたが。

最後に背景を3種類から選んで設定ボタンを押し、
出来上がった写真を SNS に投稿したら終了です。

その時にメールで写真を送って頂けるのですが、
我ながら最高の1枚を選んだと悦に入っていたの。

もしやと思って公式サイトをチェックしてみたら、
やっぱり掲載されてましたよ、れいこの写真(笑)

目をつぶった写真が掲載されている方もいるので
どんな基準で選んでいるのかは分からないけど、
運が良ければサイトに掲載して頂けるみたいです。

サイトのフォトコーナーには名前は載らないので、
どれが誰だか分かりはしないから大丈夫かなと。

何だかんだ言ってもコフレドールのイベントは
楽しかったわ・・・次回も予約しちゃうかも(笑)






Return

Theme : スキンケア&コスメ * Genre : ファッション・ブランド * Category : 美容と健康
Comment : (-) * Trackback : (-) |
個別記事の管理2017-03-21 (Tue)
こんな記事を書いている場合じゃないのですが(笑)、
皆さん、コフレドールのイベントはご存知ですか?

カネボウがここ数年各地で開催しているイベントで、
コフレドールの新商品のプロモーションの一環で、
プロのメイクと撮影が無料で体験できるというもの。

”コフレドール キセキノイチマイ” で検索すると、
山のように画像が出てくるので御覧になって下さい。

第4弾の今回は東京だけで開催されたようですが、
会場が六本木ヒルズだったので体験してみましたよ。

と、言いますのも先週、1週間ほどレジデンスに
滞在していたもので、たまたま予定が合ったんです。

ヒルズに行くまで、イベントは知らなかったのよ。

六本木に来た初日に会場の前を通りかかった時に、
「あれ、やってみなよ」 とダーリンにそそのかされ。

「1週間いるんだから、時間とれるんじゃない?」

    

最初は面倒臭いと思ったくせに、日が経つうちに
その気になり、公式サイトをチェックしてみました。

事前予約の受付はとっくに終わっていたのですが、
当日予約なるものが可能だと、サイトで知りまして。

翌日イベントのオープン直後に電話をしてみたら、
10分以上も通話中の挙句、つながったと思ったら
当日予約の枠は埋まって、これは難易度が高いと。

予約担当者によると、電話は混んで繋がらないので
会場に直接足を運んだ方が可能性が高いですよと。

その日の午後、たまたま会場の前を通りかかったら、
スタッフから話を伺っているマダムがいらしてね。

立ち止まってお話を聞いてみたら、当日の予約は
日によって、10人~20人も受付けるらしいのよ。

オープン前から並んでいれば電話よりも有利だと
聞きまして、これはもう朝から並ぶしかないかなと。

「レジデンス住人の意地を見せてやれ!」 なんて
ダーリンに煽られて、早起きして並んだというわけ。



 コフレドールのモデル体験、メイキングシーンを大公開(笑)
       お花いっぱいのスタジオでカメラマンが本格的に撮影します。


DSC07713 (2) (1024x682)




ええ、もちろん、一番乗りを決めましたとも(笑)

ヒルズの住人ですもの・・・誰よりも早く着いたわ。

でもね、1時間以上も並んで待っていた時は正直、
バカみたいだと思いましたね・・・この忙しいのに。

スピーチの原稿は書かなきゃならないし、業務用
ブログも滞っているのに、何をやってるのかしらと。

でもまぁ、せっかくヒルズに滞在中にイベントが
重なったのですから、体験してみて損はないかなと。

普段はメイクも碌にしないので、たまにはプロの
技を学ぶのもアリだと、前向きに考えることにして。

ただ、このイベント、SNSに投稿するのが条件。

カメラマンに撮影してもらった写真をそのままで、
インスタかツイッターに投稿しなければならないの。

つまり、SNSのアカウントを持っている人しか
体験できないシステムなので、それが面倒でしたね。

業務用のアカウントは使用したくないですから、
わざわざインスタのアカウントを登録しましたよ。


いやぁ、カネボウも考えたなと舌を巻きましたね。

この手のイベントが無料なら女性が山のように
押し掛けるし、素人モデルのギャラは必要なしで
SNSでじゃんじゃん宣伝してくれるんですから。

3月1日から20日まで開催していたのですが、
その間にどれだけ、SNSで投稿が溢れたことか。

女性心理をうまく利用したプロモーションですよ。

経営者として見習いたいと思ったけど、しかし
体験された皆さん、よく顔出しで投稿しますよね。

れいこは開催期間が終わったら、アカウントごと
削除したわ・・・顔出しの投稿は怖いですから。

と言っても、公式サイトにれいこの写真が掲載
されていますけどね(笑) 他の皆さんと一緒に。

我ながら会心の出来栄えだとは思ったのですが、
公式サイトに掲載して頂けるとは思わなかったわ。

長くなったので、後半は次回にさせて頂きます。

れいこの ”キセキの一枚” が見られるかも?(笑)






Return

Theme : スキンケア&コスメ * Genre : ファッション・ブランド * Category : 美容と健康
Comment : (-) * Trackback : (-) |